社内でのファイル共有の変化

企業でのファイル共有というと、社内ネットワークにサーバーを配置する運用が現在でも主流となっています。
この運用方法のメリットは社内ネットワークに不正アクセスされない限り、外部に情報が流出することはなく堅牢であることです。

しかし、逆に言えば社内ネットワークに接続しない限りファイル共有をすることが出来ません。



外出先からデータを共有したい場合、メール添付を余儀なくされますが送付するサイズが大きい場合は現実的ではありません。


あるいはバーチャルプライベートネットワーク(VPN)を利用してパブリックネットワークから社内のプライベートネットワークにアクセスし、社内ネットワークサーバーを利用することもできますが、これには技術も必要となるため、採用する企業はごくわずかです。

この煩わしさを解消する為に、どこからでも即時にファイルを共有するサービスが誕生しています。

ファイル共有に関する情報が閲覧できます。

それが、法人向けのオンラインストレージサービスです。自社でサーバーを保持する必要がない為導入も簡単であり、通常よりもセキュリティを強化し、流出などを防止する仕組みを積極的に取り入れているサービスです。

Youtube情報は必ず役に立ちます。

サーバーの冗長化や監視、ディスク多重化や、災害に対する復旧など小さな企業では導入が難しい仕組みもオンラインストレージを利用すれば解消できます。
柔軟に扱えるサービスも多く、例えば「取引先のお客様をユーザーに追加し、指定したディレクトリのみ閲覧可能とする」等の設定も可能であるものもあります。

外出先から即時に自社にいるメンバーにファイル共有が可能となり、スピード重視の企業にとっては必須と言えるでしょう。